中学受験ナビ

中学受験に失敗しない親になるための5カ条

 

親子トップ

学習塾「栄光ゼミナール」が「中学受験」について、関東、関西在住で、中学受験を検討している小学生の子供を持つ30~49才の男性500名、女性500名、合計1000名に対し、インターネットリサーチを2009年11月26日~12月4日の9日間で実施し、その結果を発表しました。

それによると、

子供が中学受験を目指すにあたって、「受験生活で不安なことは何か?」と複数回答で聞いたところ、

 塾代にお金がかかること  47.4%

 友達との遊びの時間が無くなること  47.2%

 受験に失敗した場合の子供の精神的ダメージ  46.6%

 塾や勉強に費やす時間的、肉体的な負担の大きさ  46.1%

どれも親として共感できる回答が上位を占めているのはないでしょうか(まさに納得!)。

以前、当サイトで中学受験に臨んでいる保護者の方を対象に「中学受験の勉強に関する悩みについて」アンケートを実施しました。結果は、

 やる気がみられない

 長時間の勉強に耐えられない

 塾が中心になり学校生活がおろそかになっている

 子供1人で勉強ができない

 塾疲れが心配

 成績が上がらない

などの回答が上位にきていました。

これら2つのアンケート結果の悩みを分析してみると、親にとっての大きな悩みは「経済的な負担」はともかく、過酷な中学受験の勉強量や毎日遅くまで拘束される塾通いなどの「子供の負担」と「成績の低迷」が主な要因と考えられます。

クラスメイトほぼ全員が受験する高校受験と違い、中学入試は受験する子供と受験しない子供の生活スケジュールの落差が非常に大きくなります。中学受験する子供は受験しない子供たちの「伸びやかな学校生活」を見て、「なぜ自分だけが・・・」という思いを募らせる。

いろいろなものを犠牲にして塾通いや家庭学習をしているにもかかわらず、思うように成績が伸びないことで「なぜ自分だけが・・」にプラスして勉強に対する意欲までも失ってしまう...。こうしてただ塾に通うだけの「やる気のない子供」が受験生活で大量生産されてしまう。アンケート結果から、このような結論が浮かび上がってきます。

せっかく意識を高く持って臨む中学受験。

失敗しないためのコツは?

いや、受験の結果うんぬんに限らず、受験の勉強をすることで

受験後も伸びる子にするための勉強のコツは?

といった質問について受験のプロの先生たちに聞いてみました。教育系の雑誌でもおなじみのお二人です。

メディア掲載

先生たちによれば、大きく5つのコツがあるそうです(驚)

話を聞いての感想ですが、気付けば誰だって簡単にできる内容ですが、5カ条のうち1つでも気付いている方はきっと少ないのではないでしょうか?

題して、

中学受験で失敗しない親になるための5カ条

10分足らずの対談(音声セミナー)ですので、中学入試を目指す小学生の子供との勉強に悩んでいるお父さん、お母さんにはすぐに聞いて実践して欲しいものです。

先生たちが週2回配信中の無料メールマガジンに登録だけで音声セミナーがすぐに聞けます。

新「勉強の常識」

※PCメールアドレスを登録ください。

登録はメールアドレスを入力するだけ。いずれも無料ですから、聞いて、読んで、気に入らなければ、1クリックで解除することもできます。安心してお申し込みください。

発行人紹介