中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2011年7月  > 2011年「中学受験を考えるご家庭のインターネット利用状況」に関する調査結果報告

2011年「中学受験を考えるご家庭のインターネット利用状況」に関する調査結果報告


2011年07月01日、進学教室浜学園(本部:兵庫県西宮市、代表取締役社長:竹森勝昭)は、浜学園全塾生小1~小6の約8000名を対象に、「中学受験を考えるご家庭のインターネット利用状況」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表しています。

有効回答者数:2538名
調査対象:浜学園全塾生(小1~小6)
調査期間:2011年5月28日(土)~6月15日(水)

浜学園の発表した調査結果によると、以下の点が明らかになったということです。◆「光ファイバーと無線LAN の普及進む」全学年において光ファイバーを利用する保護者が過半数を超え、ADSLの利用を引き離した。また、インターネット環境のある方の過半数が無線LANを利用していることがわかった。◆「フィルタリング対策」 フィルタリングを知っているが利用していない方は71.5%、知らない方が14.4%であった。◆「小学生には子ども向けの携帯電話が定番」学年が上がるごとに保有する子どもが増える携帯電話であるが、小1から小6の全学年において、子どもに持たせる機種として「子ども向け携帯電話」を選ぶ保護者が過半数を超えた。◆「2人に1人以上がDS を利用」 小1で35.3%であったDS(3DSを除く)利用率は、小2で56.6%と過半数を超え、受験学年前のピークである小5 では61.1%の子ども達が利用していることがわかった。◆「電子辞書の普及進む」 昨年の調査では、「電子辞書」を最も利用するのは小6で、18.2%が利用していた。本年度ではさらに普及が進み、小6 で28.6%、小5 で28.3%、小4 で16.4%と普及が進んでいることがわかった。◆「パソコンやゲーム機の設定は父」 保護者が新しくパソコンやゲーム機を購入した際に、主に設定するのは誰かとの設問では全学年において父が65%以上を占めた。◆「保護者がユーザー登録・アカウント登録しているネットサービス」Yahoo!Japan が全学年で25%を超え一番多く選ばれたが、2位以降は楽天、Amazonといったネットショッピングとなり、次いでgoogle が選ばれた。Mixi、GREE、facebook といった各SNS は5%以下となった。