中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2010年1月  > 中学生の学習塾費が過去最高の約18万

中学生の学習塾費が過去最高の約18万


平成6年度から隔年で実施してきた文部科学省の「子どもの学習費調査」で2008年度の公立中学校に通う生徒1人あたりの学習塾費が過去最高の18万7691円に上ったことが明らかになりました。

入学金や授業料のほか、学習塾費や習い事の費用などを合わせた学習費総額の平均も、公立中学校は約48万円と前回調査から1.9%増加。ほとんどの生徒が受験を経験する中学校では、学校の授業だけで不安に思う保護者が塾に通わせるケースが依然として目立った。

学習塾費は公立で中学生が前回比で6・6%増加したほかは、幼稚園は約8千円(同22・5%減)、小学生は約5万3千円(同14・1%減)、高校生は約7万6千円(同3・6%減)減少。

私立では幼稚園、小学生、中学生は前回より増加したが、高校生は同41・9%と大幅減少。

調査では、幼稚園から高校までの15年間をすべて私立に通った場合の学習費の平均は1663万円で、すべて公立の551万円の3倍となることも分かった。