中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2009年10月  > ワクチン接種、受験生は優先せず

ワクチン接種、受験生は優先せず


新型インフルエンザワクチンの優先接種について、厚生労働省は2009年9月24日、国民からの要望の多かった「受験生」について、優先接種の対象に入れないとする方針案をまとめました。

ワクチンの優先順位をめぐっては、厚労省が9月4日に優先接種対象者の素案をホームページ上に公開し、国民からの意見を募っていて、「受験生」を対象に加えることを求める意見が多かったそうです。

しかし、厚労省は「受験生は教育関係者を中心に受験機会を確保することで対応すべきだ」などと、優先対象には加えないとしました。

新型インフルエンザワクチンを優先接種するのは、医療従事者を最優先とし、次いで妊婦と持病のある人、小学校就学前の小児、1歳未満の乳児の両親の順で優先グループなど。


関連する記事: