中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2009年1月  > 授業料滞納、私立高校、不況で3倍に

授業料滞納、私立高校、不況で3倍に


私立高校で授業料を滞納した生徒が2008年末時点で2.7%に上ることが、日本私立中学高等学校連合会の調査で分かった。不況の深刻化に伴い、2007年度末の3倍に膨らんだ。
 
調査は、定時制高校を含む全国の1321校を対象に実施。授業料の督促対象だった生徒数などについて、1218校から回答を得た。
 
昨年12月末に在籍していた生徒91万3830人に対し、滞納者は2.7%の2万4490人。地域別の割合は九州の5.7%が最悪で、北海道・東北の4.5%、中国・四国の3.3%が続いた。最も低いのは東京の1.3%。