中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年9月  > 勉強をする子どもとしない子ども

勉強をする子どもとしない子ども


2007年9月14日
東京の小学5年生は欧米や東アジアの子どもに比べ、学習時間の長い子と短い子に2極化していることが14日、ベネッセコーポレーション(岡山市)の調査で分かった。「勉強が役に立つ」と考えている子の割合も他国に比べて低かった。

調査を担当した耳塚寛明お茶の水女子大教授は「東京は競争する者と、しない者が分化しているのではないか。成績上位層は勉強時間も増えている」と分析している。

調査は2006年度に東京、ソウル、北京、ヘルシンキ、ロンドン、ワシントンの6都市で10-11歳の子ども計約6000人を対象に実施した。

調査結果によると、塾などを含む平日の学習時間は、ソウルが2時間26分と最も長く、ワシントンが1時間3分で最も短かった。

東京は1時間41分で3番目に長かったが、他国に比べ「30分」「1時間」という短い層(30%)と「3時間半以上」という長い層(18%)に2極化している傾向がみられた。