中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年8月  > 私立高31校が受験料肩代わり

私立高31校が受験料肩代わり


私立高校の大学合格実績の「上乗せ」問題が大きな騒動になっています。これは私立高校だけの問題ではなく、予備校や公立高校も同じような問題を抱えています。

大学実績はある意味高校募集の生命線。学校を責めるのは酷なような気がしますが。以下、新聞から抜粋です。


私立高校が成績優秀な生徒の受験料を負担して有名私大を受けさせ、合格実績を「上乗せ」していた問題で、大阪府私学課は7日、府内の私立高校99校と6年制の中等教育学校の計100校を対象に実施した緊急調査の結果を公表した。

それによると、今年春の大学入試で受験料を負担していた学校は31校にのぼっていた。うち6校は、生徒たちに計100以上の学部・学科を受験させ、中には1人で60も合格していた例があった。

調査は、07年度の入試に限って尋ねた。受験料を負担した理由について、31校のうち14校が「進路指導に必要なデータの充実」を挙げ、10校が「生徒の経済的な支援」とした。「進学実績の向上」と認めたのは4校だけだった。

また、31校中28校が大学入試センター試験の成績だけで合否が決まる枠のある学部・学科を受けさせていた。18校は、受験料負担を特定の大学の入試に限定していた。受験料負担の対象生徒数は、21~30人が3校、11~20人が7校、10人以下が21校だった。

計100以上の学部・学科を受けさせていたのは、06年度入試で1人の生徒が73学部・学科に合格していた大阪学芸(大阪市住吉区)、その系列の大阪学芸中等教育学校(同)、梅花(豊中市)、金光大阪(高槻市)、大商学園(豊中市)、大阪国際大和田(守口市)の6校。梅花は、生徒5人に計213学部・学科を受験させ、139に合格。うち1人は71学部・学科中60に合格していた。

受験料負担のあった31校のうち27校は、大学ごとの合格者数について延べ人数だけを学校案内などで公表。しかも、多くの学校は延べ人数であるとの注記をつけていなかった。大阪府私学課は「高校を受験する生徒に誤解を与えないよう、最低限、延べ人数か実人数かの注記はつけるよう各校に求める」としている。
2007年08月07日