中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年8月  > 小学校高学年は4人に1人が携帯所有

小学校高学年は4人に1人が携帯所有


Nikkei Bpの調査によれば、小学生の携帯電話の所有率は、

「持っている」が41%
「持っていない」が59%

内訳として、
6歳以下の未就学時 所有率4%
小学校低学年(1~3年) 所有率19%
小学校高学年(4~6年) 所有率26%

となったそうです。

Nikkei Bpによれば、


小学校高学年による携帯電話の使用は、塾の行き帰りに親と連絡を取るために利用されているそうで、さらに学年が上がって中学生になると、所有率は約半数の48%になります。親との連絡用だけではなく、友達との連絡用にも使われるようになるのがこの時期です。高校生になると、所有率は91%にまでなり、持っていないほうが珍しいという状況になります。
子供の部屋にテレビを置かないようにしようと一部の家庭では明確に線引きをして頑張ってきたのですが、この携帯電話の登場によってそれらの家庭での試みは壊れてしまったといえます。

テレビをなくしても、携帯用のテレビゲームがこれに取って代わり、さらに携帯電話と来て、高校生の所有率が91%となると、もう家庭の目は行き届かないのではないでしょうか。

携帯電話を所有している子どもと所有していない子どもの成績の比較などの資料もこれから出てくるでしょう。