中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年6月  > 頭のよい子が育つ家

頭のよい子が育つ家


有名中学の受験に成功した家庭を調べたら、意外な結果が出た。その結果は、子ども部屋にこもって勉強し、家族はテレビの音にも気を使う・・・・・そんなイメージとは正反対に、子どもは部屋から抜け出し、家族と話せるリビングなどで勉強する傾向が強かった。

受験がうまくいった家庭では、子ども部屋が家族の交流の場になっていたり、子どもが家中を移動しながら勉強したりと、家族のコミュニケーションが豊かだった。

「受験では、多くの学校が子どもの考える力を見るようになっている。塾で受験テクニックを身につけるだけではダメ。家族とのコミュニケーションが、考える力の『原点』になる」と言う。

家を建てて頭のよい子にするか? 塾に行かせて頭のよい子にするか?


「頭のよい子が育つ家」
頭のよい子が育つ家.jpg