中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年5月  > 小学生生活習慣調査の国際比較

小学生生活習慣調査の国際比較


中国青少年研究センターは28日、「中日韓3カ国の首都の小学生への生活習慣に関する研究」を発表した。調査対象は小学4~6年生。

北京市の小学生の放課後と休日の過ごし方は勉強が主で、約7割を占めた。自由になる時間は東京とソウルを下回った。夏休みにキャンプや地域のイベントに参加する割合は3都市全てにおいて2割に満たなかった。

東京とソウルの小学生は毎日放課後、塾や習い事に行く、あるいは家庭教師について勉強する以外は、テレビを見る、ゲームをする、友達と遊ぶなど娯楽活動を楽しむ。一方北京の小学生で放課後は帰宅してテレビを見たり、ゲームを遊んだりする割合は20.3%に止まり、学校で友人と球技をしたり遊んだりするのが10.1%、友人と外で遊んでから帰宅するのが6.2%だった。3都市を比較すると、北京の小学生は毎日放課後を主に勉強して過ごし、スポーツや遊びは非常に少ないことがわかる。