中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年4月  > 全国学力調査始まる

全国学力調査始まる


小学6年、中学3年を対象とした文部科学省の全国学力調査が24日始まった。原則全員が対象のテストとしては43年ぶりで、約3万3千の小・中学校で約233万人が受ける。結果は早ければ今夏にも公表される予定。文科省の23日の集計では、参加したのは全国の小・中学校の約99%。公立では全国調査に反対する愛知県犬山市の14校が不参加で、私立の参加は約6割にとどまった。

調査は小6が国語と算数、中3が国語と数学の各2教科。

主に知識をみる「A」と、その活用を問う「B」の2種類の問題を解く。学力の調査のほか、生活習慣や学習環境について尋ねる質問紙調査もある。学校によって実施時間は異なるが、通常は質問紙調査を含めて小6が午前中の4時限目で、中3が午後の5時限目で終了する予定。