中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年4月  > 教育や基礎学力の必要性で講演

教育や基礎学力の必要性で講演


シンポジウム「現代日本の格差と教育」が9日、京都大100周年時計台記念館で開催された。シンポには約200人が参加し、「パラサイト・シングル」の言葉を生んだ山田昌弘東京学芸大教授や学力低下問題に取り組んできた京大経済研究所長の西村和雄教授らが講演した。

山田教授は「家族格差が子どもの将来に与える影響」と題して話し、「1997、98年を境に、親の経済状況や教養レベルなどで格差が拡大し、勉強させるか放置するかの二極化が生じた」と指摘した。「社会が求める能力も学力や体力から創造力や想像力に変化し、学校教育では身につけさせるのは困難だ。親の経済状態の改善などが必要」と述べた。

西村教授は、勉強が苦手な生徒が増えていることに対して、「一斉授業では、内容が分からない児童や生徒はずっと耐えないといけない」として、少人数クラスとともに、自学自習方式の重要性を強調した。