中学受験ナビ > 中学受験ニュース > 2007年2月

2007年2月一覧


2007/02/26産経新聞に「ニュース感度、問われる中学入試 戦国入試を演出」と題した記事が掲載されました。

多様化が進む入試問題、中でも社会科の「時事問題」に注目した記事で受験生には必見の内容になっています。以下に抜粋して一部紹介します。

産経新聞 「ニュース感度、問われる中学入試 戦国入試を演出」より


大手進学塾の日能研が約140校の入試問題を調べたところ、「裁判員制度」「安倍新内閣発足」「北朝鮮による核実験」「教育基本法」など、昨年新聞紙上をにぎわしたニュースが複数の中学校で出題された。学校側としては、入試のための知識の「詰め込み」だけでなく、世の中の動きにもきちんと目を向けている子供であるかどうかを選抜の材料にしたいという意向があるようだ。

「普段からニュースに興味をもち、それを話題にして親とコミュニケーションをとっているかどうかをみたかった」。冒頭の裁判員制度の問題を出した成蹊中学(東京)の保母(ほぼ)禎造・教務部長は出題意図をそう語る。

「裁判員制度」「2007年問題」「教育基本法」など昨年話題となったニュースを手広く出題した品川女子学院(東京)も、「社会の動きに目を向けているかをみたかった」と社会科主任の大井聡教諭。同校は入学後、生徒が新聞記事の内容を調べ発表する授業を実施するなど、子供の「社会性」を重視、それが入学試験に投影された格好だ。

>> 続きを読む


2007/02/12  産経新聞より

gkk070212002-1.jpg

  • 1