中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2007年11月  > 修学旅行は世界一周 須磨学園

修学旅行は世界一周 須磨学園


2007年11月7日 


須磨学園(神戸市須磨区)の中高一貫の高校一年生百十八人が、三度にわたる修学旅行で「世界一周」を体験する。中学二年でアジア各国を回り、八日からはヨーロッパ歴訪に出発。来春、アメリカ横断に挑戦する。費用は欧米分だけでも一人約六十五万円で、旅行を手配した近畿日本ツーリストは「うちが扱った修学旅行では日数、費用ともに史上最高」と驚いている。

 情報技術(IT)関連企業「アスキー」創業者の西和彦学園長(51)が「本物を体験しそれぞれの国の違いを認め、自身のアイデンティティー確立を」と発案した。欧州と米国への訪問は、生徒の健康や費用面などを考慮し二回に分けた。費用は毎月二万円の積立金で全額賄うという。

 「欧州編」は八-十六日の七泊九日。オランダ、フランス、イギリス、ドイツを訪ね、ルーブル美術館やベルサイユ宮殿、大英博物館などを回る。ベルリンでは核シェルターを見学、教会のオルガンで校歌を歌って締めくくるという。

 「米国編」は来年三月四-十一日の六泊八日の予定。西海岸から東海岸へと横断し、西学園長の計らいで、コンピューターソフト開発のマイクロソフトや航空機大手のボーイング本社などの企業訪問も計画している。(萩原 真)


三度にわたる修学旅行で世界一周をする、1回にかかる費用はヨーロッパの場合は、65万円!

すごい時代ですね。西さんという学園長は一昔前に一世を風靡した方ですが、こんなところで学園長になっていたんですね。

生徒たちにいろいろな経験をさせてやりたい、だれしもがそう思うことでしょう。しかし、それにはお金がかかる。親は大変ですねえ。毎月2万円で1年で48万。3年間で144万円。結構な金額です。