中学受験ナビ > 中学受験ニュース >  2006年  > 仕事能力、子供時代が左右

仕事能力、子供時代が左右

教育シンクタンク「ベネッセ教育研究開発センター」(東京都多摩市)が働き盛りの男女2500人に行った生活実態調査で、子供時代に親とよく会話をした経験を持つ人ほど現在、目標を持って仕事ができるなど、職業生活が充実している傾向があることが分かった。

調査は1月、全国の25~35歳の男女計2500人(無職を含む)を対象に、インターネットを使って実施した。

仕事に就いている約1900人に「普段の仕事を目標を持ってしているか」を尋ね、「している」「していない」の回答別に、子供のころの体験を比較したところ、「している」では「子供のころ親と将来についてよく話した」割合が44・9%だったのに対し、「していない」では26・4%と低かった。

同様に「仕事で自分から率先して行動するか」との質問に「行動する」と答えたグループは、子供のころに「親や学校の先生以外の大人と話をした」と答えた割合が、51・6%だったのに対し、「行動しない」では34・8%だった。

また、有職者と無職者を分け、友人や親との関係を聞いたところ、「悩み事を相談できる友人がいる」「いろいろなタイプの友人がいる」「親から信頼されていると思う」といった項目に肯定的に回答する割合は、有職者の方が無職者より目立って高かった。