塾の実験教室が満員御礼

塾においては実験教室、作文、英検など、いわゆる勉強以外のこともずいぶん教えてくれるようになった。学校の授業時間が減った分は塾が補う。そんな光景が当たり前になった。

しかし、学力低下が明らかになるにつれて、今度は学校の授業を増やすことが決まりそうです。実験も作文も学校でやってくれる?

学校の先生も工夫しないとしんどいはずです。塾で一度は受けた実験や作文、その授業よりは面白くないと生徒にそっぽをむかれる。そのためには準備と授業構想が必要でしょう。

学校の先生にそこまでのやる気と体力があるのか?


2007年10月31日 産経新聞


横浜市にある理科実験教室「キッズラボ」青葉台校。白衣姿の子供たちが割りばしの「蒸し焼き」に挑戦する。試験管に入れた割りばしをアルコールランプで温めると、水蒸気とともに木酢液やタールがどっとにじみ出し、教室に不思議なニオイが立ちこめる。直接火を近づければ燃え上がる木材が、蒸し焼きにすると全く違う現象を見せることを示す実験だ。

幼児・小学生向けの教室をフランチャイズ展開する「キッズラボ」(本部・兵庫県西宮市)では現在、北海道から九州まで全国約50の教室で約1500人が学んでいる。

学習塾の「学研教室」を全国約1万3700カ所でフランチャイズ展開する学習研究社も、平成14年から「科学実験教室」をスタート。現在は全国約1000教室のほか、各地のカルチャーセンターなどで幼稚園児から小学生まで約1万人の生徒を集めている。
 
月刊誌「科学」と「学習」で培ったノウハウをもつ同社は、気圧や磁石、静電気などをテーマに独自の教材を開発。月1回90分(2100円)の教室では、講師が見せるパフォーマンスで科学への興味を抱かせ、実験終了後にリポートを書かせることで、表現力、構成力も身につけてもらう。

学研教室事業部の船見泰充室長は「詰め込み教育では決して得られない、『なぜ? どうして?』といった探求心や自由な発想を養ってもらうのが狙い。実験器具を使うことで子供の手先が器用になったという報告もある」と話す。

さらに学研では、「子供を通わせたいが、近くに教室がない」という要望に応え、10月からネット科学教室もスタートさせた。
                
こうした教室が増える背景には、学習指導要領が改訂されるたびに理科の授業時間が減らされ続けきたことがあるようだ。小学校6年間で学ぶ理科の授業時間は、昭和43年の628時間から52年には558時間に、平成元年には420時間に減った。学校の週5日制が導入された平成14年度には350時間にまで減少した。

船見さんは「子供の理科離れが問題とされる一方で、実験や観察の機会はどんどん減っている。子供たちを実験教室に通わせるのは、科学に親しみ、考える心を育ててほしいと願う親心からだと思います」と分析する。
                
高まるニーズを受け、教室の内容も多様化。通信教育大手のベネッセコーポレーションは昨年から、小学生対象の「サイエンス教室」を東京、神奈川で展開。大学の研究室で使用するような本格的な機材を導入し、小人数制で実験を行っている。「本物の体験に夢中になって感動することから、子供の驚きと発見が生まれる。講師のきめ細かいアドバイスを受けながら、自分自身で答えを出すプロセスを大切にしたい」と同社の五十嵐洋一部長は説明する。

名古屋市に本拠を置く進学塾、名進研の「ロボット科学教育講座」は、月1万6000円の授業料にもかかわらず、男子生徒に大人気だ。

キッズラボ青葉台校の責任者、丹羽将司さんは「理科実験というのは、受験はもちろん、社会で必要とされる論理的思考力を伸ばす最も効果的な体験。それが学校で難しくなったいま、その役割が塾に求められているのでは」と話している。

修学旅行は世界一周 須磨学園

2007年11月7日 


須磨学園(神戸市須磨区)の中高一貫の高校一年生百十八人が、三度にわたる修学旅行で「世界一周」を体験する。中学二年でアジア各国を回り、八日からはヨーロッパ歴訪に出発。来春、アメリカ横断に挑戦する。費用は欧米分だけでも一人約六十五万円で、旅行を手配した近畿日本ツーリストは「うちが扱った修学旅行では日数、費用ともに史上最高」と驚いている。

 情報技術(IT)関連企業「アスキー」創業者の西和彦学園長(51)が「本物を体験しそれぞれの国の違いを認め、自身のアイデンティティー確立を」と発案した。欧州と米国への訪問は、生徒の健康や費用面などを考慮し二回に分けた。費用は毎月二万円の積立金で全額賄うという。

 「欧州編」は八-十六日の七泊九日。オランダ、フランス、イギリス、ドイツを訪ね、ルーブル美術館やベルサイユ宮殿、大英博物館などを回る。ベルリンでは核シェルターを見学、教会のオルガンで校歌を歌って締めくくるという。

 「米国編」は来年三月四-十一日の六泊八日の予定。西海岸から東海岸へと横断し、西学園長の計らいで、コンピューターソフト開発のマイクロソフトや航空機大手のボーイング本社などの企業訪問も計画している。(萩原 真)


三度にわたる修学旅行で世界一周をする、1回にかかる費用はヨーロッパの場合は、65万円!

すごい時代ですね。西さんという学園長は一昔前に一世を風靡した方ですが、こんなところで学園長になっていたんですね。

生徒たちにいろいろな経験をさせてやりたい、だれしもがそう思うことでしょう。しかし、それにはお金がかかる。親は大変ですねえ。毎月2万円で1年で48万。3年間で144万円。結構な金額です。


日本初の「全国統一小学生テスト」を実施

首都圏中学受験の四谷大塚は2007年11月23日(金・祝)に小学3・4・5年生を対象に日本初の「全国統一小学生テスト」を実施いたしました。

小学生を対象にした民間のテストでは史上最高の受験者数となった今回のテスト。

全国統一小学生テスト学年別受験者数
小学3年生 14,408名
小学4年生 17,284名
小学5年生 19,728名

このテスト結果からは首都圏と非首都圏の学力格差が顕著となりました。

首都圏と非首都圏では全ての学年で首都圏の受験者の偏差値が高く、

首都圏と非首都圏別の二教科(算数・国語)偏差値比較 
首都圏(一都三県)  小3  50.8   小4 51.0   小5 51.2
非首都圏        小3   48.6   小4 48.3  小5 48.5
首都圏と非首都圏の差 小3  2.2 小4  2.7 小5 2.7

算数に関しては首都圏と地方の小学3年生と小学4年生の間で約2倍近くの格差(偏差値ベース)があるなど、学年があがるにつれ、小学生の学力格差が拡大していることが明らかとなりました。

首都圏と非首都圏別の二教科(算数・国語)偏差値比較 
首都圏(一都三県) 小3 50.8 小451.0 小5 51.2
非首都圏 小3 48.6 小448.3 小548.5
首都圏と非首都圏の差  小32.2 小42.7 小52.7

首都圏と地方(北海道・東北エリア)の小学3年生と小学4年生の算数のテスト結果を比較すると小3では「約3.8」の偏差値の開きが、小4では「約7.4」に拡大しています。小学4年生での急激な学力格差は、首都圏では小学4年生から学習塾に通う児童が多いことも、要因として考えられます。


大学受験予備校「東進ハイスクール」を運営してきたナガセは、06年10月に四谷大塚を買収。「東進」でパソコンによる授業配信の仕組みを構築したが、08年2月からこれを小学生向けに応用し、地方の進学塾を「四谷大塚NET」として組織化する。加盟塾は四谷大塚と教材やカリキュラムを共有。約300教室でスタート予定で、今回のテストはその入塾テストも兼ねる。

広報部は「私立中のない地方でも、ゆとり教育への危機感から首都圏のトップレベルを知り競争力を付けたいと願う子や親が増えている」と説明する。

当初10万人の受験者数をと意気込んでいたが、最終的には51000人強の受験者数になったようです。次回は今回のテストやテスト結果のアナウンス効果もあり、もっと増えそうですね。
 
 

インターナショナルコースとは?

横浜山手女子は2008年度から「インターナショナル・バカロレア(IB)」というヨーロッパで開発された国際的教育プログラムと日本の教育制度を融合したインターナショナル・コースを開始します。授業の大半が英語で行われます。

英語教育ニュースによれば、


私立横浜山手女子中学校・高等学校(横浜市中区)は、2008年4月より、中高一貫の「インターナショナルコース」を新設。新設のコースは、スイスの教育団体、国際バカロレア機構が推進するプログラム「国際バカロレア」(IB)を導入するもので、ディプロマと呼ばれる海外の大学入学資格を得られるほか、日本の学習指導要領にも基づくため、日本の高校卒業資格も取得可能。まず、中学1年からの4年間は、国語、数学、理科をのぞき、英語で授業を行う。その後の2年間は国語以外が英語での授業となる。

同校には、中高一貫の普通コースもあり、普通コースからインターナショナルコースへの変更も要求条件を満たせば可能という。2008年度の入学試験は来年1月から実施され、帰国子女枠も含めて25人を募集する。学費は入学時費用が400,000円、年間授業料が840,000円。


2006年春、広島市に開校した私立AICJ中学校も同じように、世界の大学への入学資格が得られる教育プログラム「国際バカロレア(IB)」認定を目指す。

私立AICJ中学校は「国際的なエリート育成」をうたう男女共学校で、「国際社会のための日本の学校」という意味の英語の頭文字だ。授業は、国語と社会以外、英語で行う。新入生は春休みの2週間、外国人教師による準備授業で英語を学んだ。 AICJ鴎州学園の理事長は、評論家で有名な竹村健一さん。

しかし、英語で授業とは・・・・・大変そうですねえ・・・・

 

 

 
 
Copyright © 2006-2012 中学受験ナビ All rights reserved