四谷大塚の合判テストと同日にサピックスが塾内模試

首都圏で最も高い合格実績を誇るサピックスが四谷大塚の2010年開催の合不合判定テスト(合判テスト)に塾生向けのテストを今年度から新設し、同日にぶつける荒技にでていると2010年9月25日の朝日新聞で井上秀樹記者が報じました。

記事によれば、


大手塾などが実施する首都圏の中学受験模試のうち、四谷大塚が約50年続けている「合不合判定テスト(合判テスト)」は、参加者が2万人を超える。開成中や桜蔭中など難関校を受験する小6の7割が合判テストを受けるとされる。ほかの大手塾からの受験も多く、サピックス塾生も合判テストを受けてきた。

ところが、サピックスは今年度、約4700人の小6の塾生だけが受ける「実力判定テスト」を新設し、合判テストと同じ日にした。秋から冬の受験シーズンに向けたテストは4回で、今年は9月19日のほか10月17日、11月14日、12月12日に激突する。「あくまで日程の都合」と説明するが、「サピックス塾生がごっそり受けなくなると、偏差値が変わってしまうのでは」(四谷大塚に小5の息子を通わせる母親)と懸念の声もあがる。

続きを読む>>

慶応義塾、横浜市に開設予定の小中一貫校の計画を縮小

慶応義塾は、横浜市青葉区に開設予定だった小中一貫校の計画を縮小し、小学校のみの開設に変更、当初2011年4月としていた開設年度は2013年度にすることを決めました。 卒業生は慶応湘南藤沢中・高等部(神奈川県藤沢市)に進学することになるそうです。 新しい小中一貫校は慶応義塾創立150年記念事業の目玉の一つとして計画し、用地を銀行融資を受け約54億円で同市から購入し、2011年4月に開設予定だったが、金融危機が学校経営を直撃し、株式などの含み損で学校法人の2008年度決算は269億円の支出超過に陥り、事業見直しを進めていた。

通信教育「ドラゼミ」、会員の親の子育て・教育に関する意識調査を実施

「ドラえもん」「ポケットモンスター」などのキャラクター商品化権管理や、こども英語教室「小学館アカデミー」、通信教育「ドラゼミ」などの教育事業を手掛ける株式会社小学館集英社プロダクション(代表取締役社長:八木 正男、本社:東京都千代田区神田神保町2-30 昭和ビル)は、通信教育「ドラゼミ」会員の親の子育て・教育に関する意識調査を行ないました。

続きを読む>>

慶応義塾、横浜市に開設予定の小中一貫校の計画を縮小

慶応義塾は、横浜市青葉区に開設予定だった小中一貫校の計画を縮小し、小学校のみの開設に変更、当初2011年4月としていた開設年度は2013年度にすることを決めました。

卒業生は慶応湘南藤沢中・高等部(神奈川県藤沢市)に進学することになるそうです。

新しい小中一貫校は慶応義塾創立150年記念事業の目玉の一つとして計画し、用地を銀行融資を受け約54億円で同市から購入し、2011年4月に開設予定だったが、金融危機が学校経営を直撃し、株式などの含み損で学校法人の2008年度決算は269億円の支出超過に陥り、事業見直しを進めていた。

 

 

 
 
Copyright © 2006-2012 中学受験ナビ All rights reserved