中学受験ナビ > 東大に行こう!特集 >  東大生の親に聞いた本音  > 東大生の親に聞いた「頭のいい子」「集中力のある子」の育て方

東大生の親に聞いた「頭のいい子」「集中力のある子」の育て方

東大生の親に聞いた「頭のいい子」「集中力のある子」の育て方東大生の親に聞いた「頭のいい子」「集中力のある子」の育て方
高橋 開
エクスナレッジ 刊
発売日 2006-11-20
価格:¥1,575(税込)
オススメ度:★★★



アマゾンに出ている読者の書評から1つ紹介します。
この本いいよ。
all-todai.comと言う東大コミュサイトでこの本のことを知り読みました。
自分はいま大学生ですが、なるほどと思う部分はたくさんありました。
著者が3類(文学部)専攻と言う東大メリットの薄い学部を選択していることからも、
現役学生である彼が東大信仰の薄い客観的視野の持ち主であることが想像でき、
また良い意味での俯瞰的視野を感じることができました。
実際、「東大の入り方」の本は多いのに、「東大の出方」の本は少ないですよね。
東大内の精神科が満員であることや挫折する東大生の多いことにも触れていることが
現実感を感じさせます。
自分自身も兄弟も、ここで書かれているようなやり方とは違うやり方で
有名中高、有名大学に入りました。が、疑問に思う点も多かったですし、
自分はそういう教育法を取らないつもりです。親は教育熱心であり、
個人主義者であり情報は常に一方通行でした。
「カネと成績が比例するはずだ」と言う信念で、教育には力を入れるものの
それにそぐわなければ本人の努力が足りないからだ、と言うような方針です。
言い方は悪いですが「口は出すけど責任は取らないよ。お金を出すから当たり前だろ」
と言う感じでした。私たち兄弟は常にプレッシャーに晒されていた気がします。
勉強法や生活習慣法も押し付けで、深夜の学習を禁止され、早朝に叩き起こされるような
毎日でした。よく知られている通り、年齢と睡眠の関係性は存在します。
「早朝学習は良い」と言っても個人差があり、自主的なものでなければストレスが溜まり、
効率も悪いものです。しかも責任は自分にあるときているのですから・・・
個人的にはこの本もそうですし、和田本や周囲の東大生、医大生など受験の勝ち組を
見ていると、本人や親の戦略、それ以前での習慣が目につきます。
同じ教材、同じ塾でも「使い方」が違うのです。
この本では以前から漠然とそのように感じていたこと、自分が実践したいなと思っていたことが書かれています。
統計的な部分があるので精神面には踏み込んでない点は残念です。しょうがないですが。
自分は、人間は本来誰しもが持っているようなコンプレックスとか危機感のある方が
スポーツも勉強も仕事も伸びると思ってます。そのためには「何が足りないのか?」を
まず把握する必要があります。
その点で「頭のいい子」と言うタイトルはちょっと疑問です。「頭のよさ」で東大に
入ってしまう(と本人が思ったとする)とその後、伸び悩むと思えるからです。
大学受験、またその後に必要な真の能力は、「自分の頭の悪さ(苦手科目、勉強以外の
欠点など)を把握して、その上でどう対策を取るか」だと思います。
総括すると「意外にお金はかけてない」ところや、「ふつうの子どもと親が多い」
ところなど参考になる点はたくさんあると思えます。「親は当たり前に良いと思われる
ことを当たり前にやってるだけ」だとも。「東大でても負け組になったり
病んだりするんですよ」と言うことも。
こういう形でないと知れないし、そういう点でとても良い本と思います。
「東大生の親に聞いた「頭のいい子」「集中力のある子」の育て方」のさらに詳しい情報≫
※最終的な著書のご購入は、その他の書評や内容を検討 されるなどしてご自身の判断で行ってください。