中学受験ナビ > 学校の選び方 >  学校の決め方  > 志望校を決める

志望校を決める


中学受験では、「志望校を決める時期が早いほど有利」といわれます。


早めに志望校が決まれば、「現状の学力レベル」と「志望校のレベル」の差を早めに知ることができ、それに対する対策も早めに可能になるからではないかと思います。

「現状の学力レベル」と「志望校のレベル」の差がはっきりすることで、今後の学習計画が決まります。

ただ漠然と勉強に取り組むよりも、目的意識を持って受験勉強に取り組む方が有利であるというのは納得できます。

一方で、塾などの学力テストや志望校判定テストなどで「自分のレベル」がハッキリ出てしまうことによって、子供がやる気を失う場合があることも否定できません。

あまりにも「現状の学力レベル」と「志望校のレベル」に差があるため、逆にやる気を無くしてしまっては、不利になってしまうということです。

このあたりを親は考えた上で、志望校を決める必要があります。

また、中学受験で各校が出題する問題は、どういう生徒を取りたいかが如実に表れるともいわれています。出題される科目の比重、問題の傾向などは、専門的な分野にもなりますから、志望校を決める際には、塾の先生に相談するのもよいでしょう。

あとは、それらの情報をどう加工し、どこまでを子どもに与えるか。塾からの情報をストレートに子供に話すことがすべて善であるとは言えません。

なにげない一言や情報が子どもに与える影響を知っておくのも中学受験に臨む際の作戦と言えるでしょう。中学受験は親子の受験。忘れないでおきたいものです。