中学受験ナビ > 学校の選び方 >  学校の決め方  > 学校の調べ方

学校の調べ方


目標の学校もない子供たちに、つらい受験勉強を頑張れというのは酷な話です。

そのためにも、情報収集をシッカリやった上で、「志望校」を決定するのがいいでしょう。

親の中には、情報収集をせずに、偏差値が上位の学校を無意識のうちに選んでいる場合も多いようですが、勉強をするのはあくまでも子供自身。

十分相談してから進めていかないと土壇場で子どもが駄々をこねる可能性は十部なりますから、親子で納得した上で志望校を決めるのが理想。

学校の調べ方、情報集としては、大きく分けて「調べる」「聞く」「見る」の3つががあります。

情報を入手するための手間を考えれば、「調べる」→「聞く」→「見る」の順はやってみると意外と大変なことに気づくはずです。

やはりここは効率的にやろうと考えるのがお勧め。

よって、順番的には、「見る」→「聞く」→「調べる」の順でしょう。

よく親子で文化祭や運動会に参加したことで、子供がこの学校に行きたいと決めたという話はよく聞きますよね。
  >> 見る

      ・学校説明会に参加する
      ・文化祭に参加する


  >> 聞く

      ・知人に聞く
      ・塾の先生に聞く

  >> 調べる

      ・本で調べる
      ・インターネットで調べる

調べる内容は、以下となります。

    ・学校の特色や評判
    ・学校の難易度(偏差値)
    ・進学実績
    ・通学手段や時間
    ・授業料などの費用

これ以外にぜひ実施してほしいのは、
学校の終了時間以降に学校から出てくる生徒を見ること。

学校の設備や理念を知ることも大事ですが、実際に通う制服姿の生徒の下校時の様子をみることで、イメージが湧いてくるでしょう。管理人hiroは、気になる学校は、情報収集の前に見に行くようにしています。