中学受験ナビ > 学校の選び方 >  学校の決め方  > 受験校を決める

受験校を決める


受験校の決定については、塾の先生との相談によって決定されるのが一般的でしょう。

現状の成績では難しい場合は、塾や先生によって、アドバイスは違ってくるようです。

特に先生によっては、ハッキリと難しいと指摘してくれる先生もいれば、直前まで引っ張ってハッキリいわない先生もいるようです。

各種のテストから合格可能性については、ある程度家庭でも判断できる材料があるわけですから、夏休み明けには、志望校とは別に、実際に行く可能性のある学校についても、早めに検討するのがいいと思われます。

現実的な選択も視野に入れることは、決して志望校を諦めるということではありません。合格可能性の判定が良くても、実際の受験ではどうなるかわからないのが現実です。

志望校一校から直前になって受験校を選ぶよりは、いくつかの選択肢を持った上で、最終的に切っていく選択をするほうが敗北感も感じられないように思います。

極端な話、1月に入って願書提出期限までは受験校の変更は間に合います。受験間近は勉強のことで頭が一杯になる可能性が大です。どういう学校を受験するかの選択は、早めに考えておくことで冷静に慎重に決められるでしょう。


  <お役立ちリンク集>


  中学受験の親技

   ハッスルパパの嗚呼!中学受験物語!