中学受験ナビ > 東海地区の中学受験 >  ニュース  > 名進研、中学受験コースを小3から開設

名進研、中学受験コースを小3から開設


名古屋の名進研が2009年の新年度3月からこれまで小4から小6までが対象だった中学受験コースを1つ学年をおとして小学3年生も対象にするコースを新設するそうです。

日本経済新聞の2008年12月4日付の紙面によれば


難関中学校を目指す児童に国語や算数などを教える。

愛知県では、中高一貫の私立海陽学園(愛知県蒲郡市)開校などで中学受験者数が増加している一方、日能研(横浜市)など中部地方以外の大手が事業を強化しており、受験生の獲得競争が激しくなっている。名進研は低学年向け受験コースを設定して囲い込みを狙う。

国語は漢字・語彙(ごい)の学習と長文読解、算数は正確な計算処理能力と文章題などの基本的な解き方などを教える。いずれも基礎学力の向上に主眼を置く。授業料は月額1万500円に設定する。


とのこと。

名進研 (株式会社教育企画)の求人票を中学受験コースはすでに「私立中学受験の小3から小6」となっており、日能研・河合塾連合の中学受験専門塾にに立ち向かうためにも受験の低学年化に踏み切ったのでしょう。

すでに日能研は「小学生のための中学受験塾』を2008年、名古屋駅前校と千種校を開校し、2009年2月にがさらに一社校・御器所校・刈谷校・豊田校を新規開校が決定しています。

また日能研は小学校1年生からが対象であり、このあたりの影響を名進研も受け手の決定といえそうです。一気に小1からの募集としないところが名進研らしいといえますが、中学受験塾の場合、一度通塾を始めるとカリキュラムの関係などからなかなか転塾が難しく、小3からスタートする名進研の今回の試みが日能研に対抗しうるものなのかは不明です。

東海地区での中学受験塾戦争はいよいよ熱くなってきました。

名進研の売上高
25億1,400万円(平成19年9月期実績)
27億9,300万円(平成20年9月期実績)