中学受験ナビ > 首都圏の中学受験 >  ニュース  > 中央大学横浜山手で不正に合格

中央大学横浜山手で不正に合格


2012年2月に実施した中央大学横浜山手中学校の入試で、合格ラインを下回っていた中央大学理事長の知人の孫を不正に合格させていたことが明らかになりました。

事の経緯は、久野修慈中央大学理事長が中央大評議員を務める知人に会った際、「うちの孫が横浜山手中学を受験するのでよろしく頼む」と言われ、その趣旨を校長に伝えたとのこと。

2月の一度目の入試では不合格、2度目の入試でも、知人の孫の受験生は合格ラインを下回ったが、校長が合格させた。「不正な合格があった」という大学への告発で事態が発覚し、その後、不正を知った中央大学学長から「不合格にさせるべきだ」と指摘を受け、中央大学横浜山手中学校は3月に入って合格取り消しを通知した。


福原紀彦中央大学長は「あってはならないことだ」と謝罪。久野理事長は「心からおわび申し上げる」と陳謝する一方「あいさつはしたが、特別な配慮の要請ではなく、合格したらよろしく指導をという趣旨だった」と働き掛けを否定、受験生側との金銭授受や口利きは否定しています。

神奈川県は「入学者選抜は校長の権限だが、一旦合格としたのを不合格にするのは適当ではない」としている。

受験生は一連の経緯について知らなかったといい、合格を取り消された受験生は「大学や社会に多額の寄付をしている大学OB」の孫で、示談などを進めているという。
 
中央大学横浜山手中学は中高一貫校として、横浜山手女子学園と2010年に統合、設立。2013年度からの新校名「中央大学附属横浜中学校・高等学校」となり、2013年度からは新校舎でスタートを切る予定です。2012年2月の入試は共学後初の入試でした。

<中央大学附属横浜中学校・高等学校 新校地>
〒224-8515 横浜市都筑区牛久保東1丁目14番1号
※上記住所は、2013年度4月1日から使用


2012.09.27 今年度中学入試に関するお詫び


このたびは、今年度の本校中学入試に関する報道につきまして、関係各方面に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

とりわけ、当該受験生とそのご家族には深謝いたしますとともに、本校在校生および保護者、卒業生ならびに中央大学にご縁のある皆様には衷心よりお詫び申し上げます。

中学・高校ともに入学試験の実施につきましては厳正に対処してまいりましたが、今回報道されました件は大学の附属という立場で生じたとはいえ、教育機関としての社会的責任を重く痛感しております。

今後は、同様のことを二度と繰り返さないことをお約束し、本校の教育目標の達成と信頼の回復に努めてまいります。

平成24年9月27日(木)

中央大学横浜山手中学校・高等学校
校 長  田中 好一