中学受験ナビ > 首都圏の中学受験 >  ニュース  > 茨城県内初、2015年度の開校の小中高一貫校

茨城県内初、2015年度の開校の小中高一貫校


茨城県の守谷市とつくばみらい市にまたがる関東鉄道常総線新守谷駅の東側に、茨城県内初となる小中高一貫校の開校準備が進められている。

さいたま市にある学校法人開智学園の「新守谷キャンパス」で、2015年度の開校を目指している。

計画では、山林と休耕田約九万八千平方メートルを整備し、敷地内に二階建て校舎など四棟と体育館一棟を建設、運動場を造成、学級を1~4年生、5~8年生、9~12年生に分け、給食やホームルームなど生活をともにする「異年齢学級」を基にした4・4・4制が特徴。

募集する生徒数は小学校は1学年96人、中学校は1学年240人、高校は1学年240人で合計2016人の予定。