中学受験ナビ > 首都圏の中学受験 >  ニュース  > 四谷大塚の合判テストと同日にサピックスが塾内模試

四谷大塚の合判テストと同日にサピックスが塾内模試


首都圏で最も高い合格実績を誇るサピックスが四谷大塚の2010年開催の合不合判定テスト(合判テスト)に塾生向けのテストを今年度から新設し、同日にぶつける荒技にでていると2010年9月25日の朝日新聞で井上秀樹記者が報じました。

記事によれば、


大手塾などが実施する首都圏の中学受験模試のうち、四谷大塚が約50年続けている「合不合判定テスト(合判テスト)」は、参加者が2万人を超える。開成中や桜蔭中など難関校を受験する小6の7割が合判テストを受けるとされる。ほかの大手塾からの受験も多く、サピックス塾生も合判テストを受けてきた。

ところが、サピックスは今年度、約4700人の小6の塾生だけが受ける「実力判定テスト」を新設し、合判テストと同じ日にした。秋から冬の受験シーズンに向けたテストは4回で、今年は9月19日のほか10月17日、11月14日、12月12日に激突する。「あくまで日程の都合」と説明するが、「サピックス塾生がごっそり受けなくなると、偏差値が変わってしまうのでは」(四谷大塚に小5の息子を通わせる母親)と懸念の声もあがる。

 「異変」の背景には、大学受験予備校「代々木ゼミナール」(本部・東京都渋谷区)のグループ会社が今年、サピックスを買収したことがある。少子化や現役志向の高まりによる予備校生の減少に危機感を抱き、中学受験に目を向けたというわけだ。 四谷大塚は06年に、大学受験予備校の東進ハイスクールを経営するナガセ(本社・東京都武蔵野市)に買収され、話題になった。代ゼミと東進は講師の引き抜きや衛星授業など大学受験指導で激しく競争してきた。試験日の競合は、その「代理戦争」と塾業界ではささやかれる。 サピックスの動きに対応し、四谷大塚は、サピックスの午前のテスト終了後に、掛け持ちで四谷大塚のテストが受けられるように、午後の開始時間を1時間遅らせた。四谷大塚を運営するナガセは「サピックスの保護者は、塾生だけのテストで十分とは思わないだろう」と、「不動の位置」を強調する。・・・・・・・・ 首都圏では四谷大塚の合判テストに加え、日能研の「センター模試」、首都圏の塾35社でつくる首都圏模試センターの「統一合判テスト」が、中学受験の「三大模試」と呼ばれる。後者二つは、ともにサピックスや四谷大塚の塾生の掛け持ち受験はほとんどないという。


当サイトの推定の数値では、サピックス約4700人のうち四谷大塚の合判テストには1000人強、最難関校を受験する層を中心に掛け持ち受験をしているのではないかと推測しています。今後、四谷大塚の合判テストの受験者数に注目していきましょう。