中学受験ナビ > 中学受験の基礎知識 > 「中学入試」必読の本

「中学入試」必読の本一覧

あまり本を読まない小学生もできれば以下の2冊は読んでおいてほしいと思う本です。重松清さんの本は中学受験においてはよく出題される作家。この本から出るということではなく、こういう雰囲気の本から出題されるとお考えください。一度通して読んでおくとことをお勧めします。

 

小学生にお勧めの2冊!

5137K9RRX9L__SS500_.jpgきよしこ 重松清

少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと―。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。

 

 

 

41DpRvGg1lL__SS500_.jpg小学五年生 重松清

17編の短編の主人公はすべて小学5年生の男の子。

 

 

 

 

 

保護者の方にお勧めの1冊

41ET35T8DQL__SS500_.jpg秘伝 中学入試国語読解法 石原 千秋

この本は二部構成になっていて、体験編では、中学入試に対する僕たちの戸惑いや試行錯誤を出来るだけ率直に書いた。そのほうがかえって参考になると考えたからだ。一方、国語問題読解編では、著者の研究者としての分析力をフルに発揮した。「国語」に隠されている見えないルールを炙り出すという読解法は、入試国語に強くなるだけでなく、「学校」空間というものについて考える契機となるだろう。だから、この本は著者の学校論でもある。


個別に情報を集めていくよりも、格安(945円)の情報誌を1冊手に入れて一気に予定を組むのが「できる親」の秘訣です。毎年発行されている受験情報誌が今年2009年も新規に発行されました。

売り切れも予想されます。お早めにお買い求めください。

2010年度入試用「進学相談会&学校説明会 首都圏22年度用」
singaku.jpg

945円 B5判228ページ

地区別・日程別・開催個別の進学相談会情報、学校説明会や文化祭/体育祭などの公開行事情報を収録。
進学相談会の利用のコツや、学校説明会や見学会にどう賢く臨むかを徹底ガイド。

進学イベント体験者の父・母・受験生アンケート報告例や、「みんなが知りたい よくある質問Q&A 代表的な質疑応答例ベスト46」、「進学相談会と学校説明会はどう違うの?」、「相談会、説明会スナップ、文化祭、体育祭」なども収録。

2010年度入試用「進学相談会&学校説明会 首都圏22年度用」

  • 1