中学受験ナビ > 中学受験の基礎知識 >  サンデーショック  > 2009年は「サンデーショック」ではなく「サンデーチャンス」

2009年は「サンデーショック」ではなく「サンデーチャンス」


日能研進学情報室室長井上修さんの見通し

東京や県内の中学入試の開始日は2月1日。2009年は、この2月1日が日曜日となります。

そのため、日曜日には教会に行くことを奨励するキリスト教校のなかでも、プロテスタント校が入試日を移動させ、それに伴って他の学校も入試日を移動させます。このため、例年ではできないような併願が組めるチャンスが到来するためと呼んでいます。
 
ではどのような動きとなるのでしょうか? 

まずプロテスタント校で2月1日から2日へと移動する流れで、代表的な難関校としては、県内ではフェリス女学院と横浜共立学園Aでしょう。また、東京での代表例を申せば女子学院、立教女学院、東洋英和女学院が1日から2日となります。
 
このような動きに対し、県内では、プロテスタント校以外も入試日を動かします。影響力の強いフェリス女学院との競合を避けるために、宗教色のない鎌倉女学院一次、またカトリック校の湘南白百合が2日から1日へと移動します。また、同じカトリック系の横浜雙葉は、フェリス女学院と併願されて志望者が激増し第一志望の生徒が取れなくなってしまうリスクを考慮して、2日に移動します。
 
ただし、東京の難関校を中心として、入試日程を従来のままで展開する学校は多いために、普通の年では不可能な「桜蔭―女子学院」「桜蔭―フェリス女学院」などの受験が可能となります。さらにフェリスとの併願を避けて、横浜雙葉が2日に移動したため、「雙葉―横浜雙葉」という「ダブル雙葉」受験も可能となるのです。

では応募者数と難易度はどうなるのでしょうか? 

前のサンデーチャンスの年であった2004年は、女子学院とフェリス女学院の入試日程が移動したため、応募者数・受験者数の激増が目立ちました。

たとえば桜蔭は2003年は553人の応募者数に対し、2004年は797人に増加、さらに女子学院も2003年の695人から2004年は1033人に大幅に増加しています。フェリス女学院も2003年の429人から2004年は493人と増加しました。

ただし、他校に抜けるケースも増加するため、合格者数はいずれも多めに出す傾向があることから、合格者分布は広がる可能性があります。その意味でも「サンデーチャンス」だと言えるでしょう。


2009年「サンデーチャンス」に関係する女子校日程の動き(神奈川県内分・抜粋)
 鎌倉女学院①   2月2日→2月1日
 湘南白百合学園  2月2日→2月1日
 清泉女学院①   2月1日→2月2日
 フェリス女学院  2月1日→2月2日
 横浜英和女学院A 2月1日午前→午後
 横浜共立学園A  2月1日→2月2日
 横浜雙葉     2月1日→2月2日
(学校名後の①やAは1回目の試験の意味)

神奈川新聞 http://www.kanaloco.jp/serial/entry/entryxiiimay0805526/