中学受験ナビ > 中学受験の基礎知識 >  サンデーショック  > サンデーショック

サンデーショック


首都圏の受験において、2月1日は難関校の入試が集中している日。

2月1日が日曜日にあたると、キリスト教系の学校は、日曜日に行う日曜礼拝と重ならないよう、例年入試を行っている日が日曜にあたることとなった場合、翌日2月2日に入試日を変更する(特にプロテスタント校)。

このキリスト教系の学校の入試日の変更によって、併願できる学校とできない学校の組み合わせが例年と変わり、入試状況が激変します。

例年の併願パターンが通用しない中、強気で臨んだ結果、どの志願校にも合格しないことが少なからずあるためサンデーショックという名がついたそうです。

2月1日が日曜日にあたると「サンデーショック」、2月2日または3日が日曜日にあたると「プチサンデーショック」と分けて呼ぶこともあるようです。

サンデーショックは、今度いつやってくるのか??

2/1が日曜日にあたる「サンデーショック」は、今後、2009年、2015年に、
2/2・2/3が日曜日にあたる「プチサンデーショック」は、今後 2008年、2013年、2014年 に

訪れます。

<お役立ちリンク集>  中学受験の手引き