中学受験ナビ > 中学受験の基礎知識 >  模試  > 三大模試

三大模試


日能研、四谷大塚、首都圏模試センターの公開模試を三大模試と呼ぶようです。

■日能研の「合格判定テスト」

受験者数15,000人前後。首都圏の受験生はもちろん、西日本の日能研での受験生を含む。

9月から全5回。問題レベルは幅広い学校に対応。成績表は、「合格判定成績表」「併願作戦シート」「合格対策成績表」の三種類。試験の2日後には採点結果がインターネットでわかる。

参考サイト → 日能研の模試


■四谷大塚進学教室の「合不合判定テスト」 

受験者数15,000人前後。首都圏を中心に、全国のYTnet提携塾での受験生を含む。

9月から12月までに4回実施。学校別判定テストも11月に2回実施される。問題レベルは中堅から上位校向け。信頼性は高く受験は必須と言われている。

参考サイト → 四谷大塚の模試
 

■首都圏模試センターの「統一合判」 

受験者数10,000人前後。会場は文字通り首都圏限定。4月から12月までに6回実施。問題のレベルはやや低く、偏差値的には首都圏模試が最も数値が大きくなると言われている。

参考サイト → 首都圏模試  

これら「三大模試」以外にも難関校向けには学校別の合判テストなどがあります。
子どもにテスト慣れさせるためにも、模擬テストは予定を立てて、有効に活用したいですね。

関西圏では、

五ツ木・駸々堂 中学進学学力テスト会

発表では、平成18年度入試の全近畿の私・国公立中の募集人員の約75%が受験する近畿圏最大規模の模擬テストで、近畿全域の中学校でテストを実施。