中学受験ナビ > 中学受験の基礎知識 >  受験者数動向  > 2013首都圏中学受験者数動向

2013首都圏中学受験者数動向

文部科学省の学校基本調査の2012年5月現在の首都圏1都3県の公立小学校6年在籍者数は29万6720人で昨年より微減。

サピックスでは首都圏の私立中受験の受験生の数を

2010年からは4万人を割るようになっています。今年2013年は1都3県の公立小学校6年生の数が前年より約0.1%しか減っていないにもかかわらず、2月1日午前の受験者数は2%強減少し、約3万7000人


この2月1日受験者数を、首都圏1都3県の公立小学校6年在籍者数で割った「2月1日受験率」も昨年より低下し、約12.5%
と推定しています。

また、首都圏中学模試センターでは

首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県)の推定の実受験者数は、44,000 人でした。これは2月1日入試の出願者総数60,808 人から、午後入試の受験者16,857 人を差し引き、埼玉県・千葉県だけの受験生の推定値を加算して算出した数字です。


次に首都圏の小学校卒業生数に対する私立中学の受験率をみてみます。2013年の東京・神奈川・埼玉・千葉の小学校卒業生数(見込み)は、305,185 人で私立中学の推定実受験者数が44,000 人ですから、「実受験者数÷卒業者数」で「受験率」を算出すると、14.42%となります。2012 年の受験率が14.80 % ですから、受験率も昨年より若干下がっています。
と推定しています。

受験者一人あたりの出願校は以前よりも少なくなっていると言われますが、それでも5校から7校くらいではないでしょうか。

特に午後入試が導入されてからは午後入試の出願は増え、2013年度の2月1日午後入試の実受験者数は16,000名を超えるなど今後は中学入試の受験者数は微減の方向になるにせよ、出願数はそれほど変わらずに推移していくのではないでしょうか。

また、偏差値でいえば真ん中の50以下の中学校の全入傾向が拡大し、ライトな中学受験が増加、本格的に中学受験をして上位校を狙う熾烈な中学受験とガツガツした中学受験ではないライトな中学受験の二極化が明確になっているので受験生の受験校選びの重要性が増していくものと考えられます。