中学受験ナビ > 中学受験の基礎知識 >  中学受験の準備  > 子供に意思を確認する

子供に意思を確認する


中学受験する場合、大きく

1、子ども供自身の意思
2、親の意思

の二つ考えられます。

中学受験知らずで公立小中高育ちの管理人hiroにとっては、子どもの意思で受験をするというのは個人的に想像がつきません。30年前を振りかえって、あのとき中学受験という選択肢が目の前にあったとして自分は選ぶかどうか?

管理人hiroの会社の首都圏在住の同僚に何人かに尋ねたことがあります。

「親の受験させたいという意思があって子どもを誘導していくの?」

驚くべきことに、会社の同僚五名中四名は「子供の意思」でした!

意外でしたね。同僚の貴重な話をまとめると、まず「子供の意思」というのは、「塾に行きたい」。

なぜ塾に行きたいのか?


友達が行っているから!

首都圏(といっても同僚五名の話ですが)ではたいていの子どもが塾へ通うようで、それも補習塾ではなく、進学塾が圧倒的に多いそうです。小学校低学年から高学年になれば、必然的に通塾回数が増える。塾に行かないと友達と過ごす時間が極端に減るとのこと。

だから塾に行きたいと子どもが言うらしい(あくまで同僚の話)。やっぱり環境が大きな影響を与えるということでしょうか。

ただ、「塾に行きたい」が勉強を一生懸命するには、つながらないとも同僚は言っていました。上位の学校を目指す場合、「友達」だけが動機では耐えられないとも。


受験するという子どもたちの中で、動機の強い弱いがあるようです。

ちなみに、友達を求めて塾に通いはじめた同僚の一人は、

「ボクは、受験するなんか言ってない!」

と受験前に叫んだそうです。

同僚からは、「そうならないように、最初によく親子が話し合った上で決めろ!」と忠告してくれました。ありがたすぎて、悲しすぎて涙がでそうでした。

子どもの意思にしろ、親の勧めにしろ、かなりの負担を背負うつもりがないと頑張りきれない中学受験。目指す学校に必要な勉強と動機だけは、はっきりさせておかないといけないようです。

また、子供にとって「中学受験をすること」がいかに魅力的に思えるかをどう伝えるかも考えておかないといけないようです。