中学受験ナビ > 中学受験の基礎知識 >  受験のメリットデメリット  > 中学受験のメリットを考える

中学受験のメリットを考える


中学受験のメリットについては、ネット上でたくさんの方が言及されています。

・質も高い授業を受けられる
・良い友達を得られる
・難関大学に進学できる可能性が高い

というのは代表的な意見です。

ここからは管理人hiroの意見です。

私立中学校の多くが中高一貫校。そのため、6年間かけて大学受験までのカリキュラムが組まれているところが多く、高2までに全範囲を習う学校がほとんどです。

そうすると、

・高3からは受験対策となり、大学受験に有利
・高校受験がないため、受験勉強や内申書に煩わされない

これだけでも魅力なのですが、特にhiroパパが魅力を感じるのは、中高一貫校の場合、担当する先生が基本的に中1から高3まで持ち上がるという部分(学校によって違う場合もあります)。

学年ごとに先生がかわるよりも、担当の先生が持ち上がっていくことで、中学高校と先生が切れずに見てもらえることで、学習内容も一貫したものになります。先生が持ち上がることで、習う内容の重複や細切れを心配しなくてもいいのは魅力です。

このシステムがあるから、6年間で習う内容をより短期間で終えることができるともいえます。授業進度ドは速いでしょうが、単に6年分を5年でやるという感覚ではないと思います。

今、全国に生まれつつある公立の中高一貫校が私立の中高一貫校に準ずる内容や実績が出せるのかどうかは、これから数年しないとわかりません。

しかし、高校受験や内申書に煩わされる心配のない魅力的な中高一貫校に入学するには、かなり煩わしいと思われる中学受験があります。

それについては、 「中学受験のデメリットを考える」で考えましょう。

  <参考サイト>

  中学受験の手引きより → 中学受験のメリット